ヘッダー
HOME 大腸ポリープの話 JPSについて 試験について 参加者専用ページ サイトマップ
大腸ポリープとは
内視鏡検査について
ポリープの切除方法
大腸ポリープ Q & A
 ポリープの切除方法
 以前は、ポリープでも大腸がんと同じように、切除するために開腹手術をして、腸を部分的に削除していました。しかし、この15年ほどの間に内視鏡検査が大きく進歩した結果、今では開腹手術をしないでほとんどのポリープの切除を内視鏡で行います。
 内視鏡による切除方には「ホットバイオプシー」「ポリペクトミー」「内視鏡下粘膜切除術」の3つの方法があります。
●ホットバイオプシー
 内視鏡検査で組織を摘み取るときに使う鉗子を使ってポリープを切除します。鉗子でポリープをつまみ、高周波の電流を流して焼き切ります。5mm以下の小さなポリープにしか使えませんが、短時間で簡単に行うことができる治療なので、小さなポリープがたくさんある場合などに使われます。
●ポリテクトミー
 内視鏡の先端からワイヤーを出し、ワイヤーをポリープの「茎」の部分にかけて焼き切る方法です。茎をもつポリープに使われる方法です。焼ききったポリープは鉗子で回収します。
●内視鏡下粘膜切除法


この方法では平坦なポリープや少し大きめのポリープも切除することができる点が特徴です。内視鏡の先端から注射針を出してポリープの下の粘膜下層という部分に生理食塩水を注射します。生理食塩水で粘膜下層が固有筋層からはがれポリープの部分がコブ状になります。このコブ状になったポリープにワイヤーをかけてポリテクトミーと同様に高周波の電流をつかって切り取ります。
ページの先頭へ このページの先頭へ
がん臨床研究 : JPS
Copyright 2003 Japan Polyp Study Group